ヴァイオレット・エヴァーガーデン。

 

もうこのアニメは、今まで私が観たアニメの中でも頂点に君臨すると言っても過言ではない

神      作     品 です。

もうこれは、あらゆる意味で日本のアニメ界が生み出してしまった超芸術!!

シナリオ、音楽、映像、全てに無駄がなく洗練された全世界に誇れるアニメだと私は強く思っております!!

 

*以下、ネタバレ暴走が激しいので、大丈夫な方のみどうぞ(いつものこと)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

観たのは二週目ですが、もう冒頭のシーンだけでフリーズでしたw

少佐・・・・!!!( ;∀;)

エメラルドの宝石が少佐の瞳と同じ色で

そのまま会えない時間を少佐の代わりに

宝石を身に着けてずっと一緒にいるヴァイオレットが可愛い・・・!

もともと孤児で兵器のような扱いをされてきた少女が

少佐に出会って、少しずつ人間らしくなっていく。

とはいっても、少佐は軍人ですから

人間らしい、というよりも

軍人らしくなってしまったんですね(笑)

少佐は少佐なりに、愛情をもってヴァイオレットに接していたことがわかりますが

軍というのは男社会、縦社会で

命令系統がしっかりしていて

しかも過酷な任務、殺人を課される事もある。

そういった中では、女性らしさや愛情というものは育ちにくくて当然の環境。

ヴァイオレットも少佐以外の人には懐かないし

しかも軍人として申し分ない身体能力を持っている。

でも少佐は、ヴァイオレットには女の子として

幸せにしてあげたかったんでしょうね・・・切ない。

そうそう、少佐って作中では夫婦の描写が無かったですが

さりげなく奥様が居るんですよね。

まあ、ヴァイオレットとは年齢差もそこそこあるだろうし

はじめて出会ったときに「子供」と言っているのを見ても

少佐はヴァイオレットに向けてる愛は娘に向けた愛だったのかなぁと

思ったり。

まあ、わかりませんけどね。

ヴァイオレットはヴァイオレットで少佐を「父親」のように思っていたのか

「男性」として見ていたのかは微妙なところで

そもそも愛が分からなかったわけで。

まあ、愛にも色々あるわけで

恋愛としてみるか大きな愛の物語として見るかで

また変わってくるところもあるかなぁとは思うのですが

私個人としては

少佐はヴァイオレットを娘のように見ていて

ヴァイオレットは少佐を最初は父のように慕っていて

最終的には「恋」だった

というのが勝手な理想www( *´艸`)

まあ、ここには既婚女性として奥さんの想いを案じるという複雑な感情もありw

それにしても

沸き上がる感情を実感しても

それが一体どういう事なのかがわからないヴァイオレット。

やっぱり人間って、蜜に心配しあったり触れ合うことで

感情面も育っていくんだろうなぁ・・・

このアニメを見ていると、自分は本当に大切に育てられてきたんだなぁと

何ともいえない感謝が沸き起こってきます。

最初、ヴァイオレットは話す言葉も表情も、まるで人形かロボットのようで

間違ってはいないし、嘘もないんだけども

場の空気を読む、感情を察する という事が出来ずに周囲の人間関係がギクシャクしてしまう。

少佐が最期に伝えた「あいしてる」の意味を知りたいと思った彼女は

手紙の代筆の仕事を通じて様々な気持ちを知ってゆく。

それとこの作品は手紙が重要な意味を持つこともあって

言葉がとても美しい(*´Д`)

色んな意味で弟子入りしたい(笑)

まあ、言葉に限らず

キャラクター 一人一人の表情や背景もすごく丁寧で

さらに素敵な音楽がムードを盛り上げる。

一瞬でこの世界観の中に吸い込まれてしまいます。

景色もとにかく綺麗なんですよねー( *´艸`)

アニメというより、映画のよう。

ヴァイオレットの見ている世界がそのまま透けて視えるようで

ひとつひとつの物語が、本当に本当に美しい作品です。

これは、全ての人に機会を作ってでも観て頂きたいアニメ。

ラストはもう、筆舌に尽くしがたい感動が・・・!

劇場版や外伝も出ているようなので、これからも楽しみです!( *´艸`)

あ、劇場版は現在コロナで公開が延期になっているようです。

あー楽しみがどんどん増えていくなあ(*´Д`)

ヴァイオレット・エヴァーガーデンは

今ならNETFLIXで全話配信されてますよ!

そして一部地方で深夜帯に再放送もやってるようです!!